Mr. Problem

意外と知らないLEDランプの落とし穴って?

従来の照明に取り付け可能なLEDランプは便利だけど

電気代の節約にもなり、カラーバリエーションが豊富なことからLEDに交換するご家庭が増えてきましたね。特に今お使いの照明器具に取り付けられるお得な直管LEDが販売されて人気になっています。しかし、きちんと説明を確認せずに交換してしまうご家庭も多く、電気代の節約にあまり効果が無いばかりか、照明器具の故障や、火災を引き起こしてしまう例も挙げられていますので、きちんとした知識を持って交換することが大切です。

組み合わせによっては故障になる?!

いろいろな種類の直管LEDランプが販売されていますが、お使いの照明器具に間違ったLEDランプを組み合わせてしまったために問題が発生するという事例が多発しています。取り付けた際に一瞬だけぱっと点灯して故障してしまったり、明かりの色が暗く青白いものになってしまったりする不具合のほか、ランプによっては配線工事が必要になってしまうケースもみられ、せっかく節約のために購入しても、かえって出費が増えてしまったという場合も実際にあります。直管LEDランプを購入する際にはご家庭の機器を確認し、販売店などで正しいランプの購入が必要です

長年使用した照明機器は思い切って交換しては?

10年以上使用してきた照明機器へのLEDランプの取り付けはあまりお勧めできません。電気部品が長年使用したことで劣化していますので火災などの原因にもなりかねませんし、照明器具の反射板がくすんでいると従来のLEDランプの明るさを利用できなくなってしまいます。とくに使用していた照明機器にLEDランプを取り付けるための改造を行った場合、万が一何か重大な事故があったとしてもメーカーは全く保障してくれませんので、古くなった照明機器は思い切って交換するのがお勧めです。

LEDライトパネルは薄型で設置をする場所を選ばないのでスタンドや壁掛けなど様々な活用方法が可能です。

Comments are closed.