Mr. Problem

どうして包茎を治さなきゃならないの?その3つの理由

「クサいのはイヤ!」という女性は多い

まず「包茎はクサい」という意見があります。たとえば脇の下やおヘソを何日も洗わずにいたら、大変なニオイになってしまいますよね。それを考えれば、包茎がクサくなるのも、うなずけるというものでしょう。なにしろ人体のうちでも、排泄する器官というのは、もっともキタナくなりやすいのですから、それをしっかりと隅々まで洗うことができないというのは、大問題なわけです。包茎を治すことによって「俺のはニオわない」という確信を得ることができます。

不衛生だと病気になるリスクも高まる!

包茎だと皮のなかのほうまで洗うことができないので、どうしても不衛生になりがち。尿のしずくやカスが溜まってしまうと、さきほど紹介したニオイの問題のみならず、単純にキタナいという意味でも困ったことになります。病原菌などが繁殖しやすくもなるので、健康面でのリスクをつねに抱えているようなものですし、なにより逆の立場で考えたとき、女性がデリケートなところを全然あらわないような人だったら、ちょっとイヤですよね。

何よりエッチに自信がもてるようになります

包茎を治したほうがよい最大の理由はこれでしょう!やっぱり「ニオイがするんじゃないか」とか「キタナいと思われてないかな」と心のなかで半信半疑でいるうちは、せっかくの愛の営みにも気持ちが入りません。ここはイッパツ、しっかり診療を受けて、オトコとしての「脱皮」を果たし、確かな自信とともに表にさらすことのできるシンボルを手に入れるべきでしょう。現在では切らない包茎手術のような新しい治療法も登場しているので、自分の症状に合ったやり方を専門機関に相談するのもよいかもしれませんね。

高齢者は加齢によって細胞が縮小し、器官のサイズも同様に小さくなる傾向があります。そのため、性器が縮小することで相対的に包皮が余ることで包茎と同じ状態になります。

Comments are closed.